サッと簡単に!ニチレイの冷凍食品がおいしい理由

ニチレイの冷凍食品がおいしい理由

>

今や冷凍食品の域ではない

簡単家庭料理のススメ

お味噌汁に、オクラの商品を使えば、粘りや風味があり、栄養も増えます。
身体にいい、ネバネバ丼のご飯の上に乗せる、納豆や長芋すりおろしに加えるオクラもそのままでいいから、自然解凍で、火を使わずに助かります。
刻み海苔やカツオ節、醤油ダレをかけていただきます。
アレンジして、マグロ刺身や大葉とも相性がいいメニューです。
ブロッコリーは、切り分けにくく下茹でのひと手間さえ面倒でも、小房で下処理されている冷凍食品を使えば簡単に、サラダやパスタ、グラタン、シチュー等で、料理のかわいい緑のアクセントになります。
和食では、ブロッコリーとボイルした海老に、長芋すりおろしをかけて、ポン酢でいただくのも、お酒によく合います。

冷食に負けるとは

いんげんは、そのまま自然解凍や、流水解凍、ボイル等で使え、レパートリーが増えます。
食べたくても、さやの処理や食べ頃がよくわからなくて敬遠してしまう時もありますが、旬の柔らかい間に急速冷凍している商品で、和え物やお浸しに手早く使えます。
いんげん数本に、衣をつけて揚げる、天ぷらにしても、とても美味しいです。
舞茸とシメジ等、キノコの醤油味の炊き込み御飯は独特のうまみや栄養があって、人気料理です。
アーモンドを包丁で細かく刻むか砕いて、最初から一緒に炊き込むと、何ともいえない美味しい香りが食欲を刺激しますし、さらに炊き上がりに凍ったままのいんげんを入れ、再度炊飯器の蓋をして数分蒸らすだけで、独特の食感で、鮮やかなご馳走御飯になります。


このTOPICSをシェアする